会社概要

会社名   ソーシャル知財株式会社
所在地   東京都調布市調布ヶ丘1-34-1
代表者   代表取締役  菅 喜嗣

​設立    2019年

事業概要

ソーシャル知財(株)事業内容

  • 知財使用ロイヤリティ報酬による地域活性商品開発

  • 地域活性商品の製造、販売等による「はたらく居場所」づくり

  • 熊狩り事業(中小メーカーとデザイナーを結ぶ新分野創出事業)

  • コミュニティ工場、福祉作業所、地域活性化団体などの商品開発流通支援事業
    ​※福祉作業所等との取り組みの場合は無償で行う場合もあります。

  • ビジネス特許を使った食品廃棄ロス防止及び異業種分野進出支援事業 他

お金や流通などの商売リソースを持たない中小企業商品開発を知財活用でイノベーションする事が得意です。(既存商品を新しい分野に転換する手法)

事業対象業者

国内中小企業(下記の製造流通事業者)

  • 菓子、食品、海産物、日本酒など酒類全般、飲料、民芸品、生活雑貨など

  • コーディネーター、デザイナー、ライター、ウェブ関連等の専門家、福祉作業所、社会的企業など

  • 美術・デザイン系学校、ビジネス系学校など(インターン他)

ソーシャル知財の商品開発理念

  1. 日本の中小個人メーカーのリソースとモノづくりのノウハウをよく理解し、無理なく作れかつ流通できる商品に、ソーシャル知財が保有もしくは半オーダーメイドで作った知財アイデアを付加して、従来の業界発想にはない新しい分野の商品を生み出すこと。

  2. 作った商品(分野)は、初期投資及び運営リスクが小さく、十分な売上、粗利及び利益がとれ、かつ長期間販売できる事を目標にすること。

  3. エンドユーザーが購入するだけでなくSNSや口コミなどを通じて自らが発信したくなるストーリーを内包したロングラン商品を目指すこと。(打ち上げ花火にはしない。世の中の人がその商品を当たり前に使用することを理想とする。)

  4. 開発と流通でライバル他社が将来にわたり“真似する気がおきない”ような工夫を凝らす。

それを一言でいうと…

Tシャツのデザインで競うより、Tシャツのような新分野を作る。

その昔、Tシャツという概念はありませんでした。 誰かがある時、下着にイラストを描けばオシャレな外着になる事を思いついたのがTシャツの始まりです(想像ですが…)。 デザインや品質はとても重要だけど、リソースのない中小企業がそれだけで競うのはとても大変です。その前に既存の商品を少しずらして新分野を作り、それを知財で守った上で商品開発やブランディングをする方が面白いし楽だという考え方です。

 

代表プロフィール

菅 喜嗣(スガ ヨシツグ)

ソーシャル知財株式会社 代表取締役CEO

株式会社ノルコーポレーション 代表取締役会長

株式会社MNH 代表取締役会長

 


1959年生まれ、仙台出身。大阪大学卒業後、当時文化事業を掲げていた西武百貨店に入社するも2年で挫折退社。学習塾の教室長、アングラ劇団制作手伝い、現代詩同人誌発行人、山谷の現場監督などを経て1987年インドネシアNGOなどと組み個人工房創業。1991年生活雑貨メーカーの(株)ノルコーポレーション設立(現会長)。2006年JASDAQ上場直前に自ら取り下げ。2008年社会的企業(株)MNH(みんなで日本をハッピーに)設立(現会長)。2017年引きこもり経験者の 営利就労会社コミュニティ工場 設立。2019年知的財産権ノウハウを活用した中小メーカー支援のソーシャル知財(株)設立(現社長)。趣味は高校時代から続けているフェンシング。2019年全日本ベテランフェンシング選手権優勝。カイロ大会日本代表。東京ガーデンフェンシングクラブ主宰。

お問合せ

ソーシャル知財株式会社

〒182-0021

東京都調布市調布ヶ丘1-34-1

ネクストバトンビル2階

© ソーシャル知財株式会社